京都発!商業書道家・上坂祥元直筆の筆文字作成サイト!店舗ロゴ,商品ロゴ,企業ロゴ,表札,看板,名刺,ロゴマーク,ポスター,パンフレット,年賀状,暑中見舞い,残暑見舞いなどを制作!

 

筆文字ロゴ制作 上坂祥元書工房 トップページへ

 

上坂祥元先生の筆文字名刺をご希望なら、ハンコヤドットコムさんの「筆文字名刺館」!
当サイト業務提携先!
筆文字名刺のご注文は
ハンコヤドットコムさんまで!

 

上坂祥元先生の筆文字表札をご希望なら、ジューシーガーデンさんまで!
上坂祥元先生の筆文字表札は
エクステリアの通信販売
ジューシーガーデンさんまで!







「上坂祥元書工房」内で検索 WWW を検索

 

 

·  「商業書道」とは、いったい何なのでしょうか。広告業界やデザイン業界ではよく知られるようになった言葉ですが、一般の方はご存知でないこともあるかと思いますので、ここで解説させていただきたく思います。

「商業書道」とは、広義に広告に使用される「書」をいいます。「広告」を、他者にある物や事柄を広く伝達するための手段・媒体とするならば、「広告」にはTVコマーシャルなどの一般的に広告と呼ばれるもの以外に、店舗の看板、商品のロゴ、名刺、表札なども含まれます。


では、「商業書道作家」とは、どのような職業を意味するのでしょうか。私たち商業書道作家に求められているのは、クライアントに書き文字のニーズが生じた時、クライアントのコンセプトを捉え、メディアの特性を的確に把握した上で、そのメディアに最も生きる文字を提供することです。

端的に言えば、「書」「デザイン」「広告」の領域に精通することが、「商業書道作家」であることの必須条件であり、存在価値であるといえるのです。


「商業書道」が従来の書と異なる点について、より詳しくお伝えしておきたいと思います。「商業書道」の世界では、まず第一に「可読性」が必要不可決の条件にあげられます。一部の例外を除いて、青墨や紫墨で薄く滲み、判読できない文字は必要ないのです。

書展を評したある川柳に『書道展 読めた文字は「順路」だけ』というのがあります。決して古典書道の世界を批判するつもりはありませんが、「商業書道」の世界では、一般の方が読み取れない文字を書くことは許されません。


広告の中での文字は、メッセージであり、万人に分かる文字、読める文字、それでいてデザイン的に、グラフィカルにデフォルメして、時に格調高く、時に美しく、時に味わい深い文字を書かねばなりません。個性があり、商品や店舗をアピールするインパクトの強い文字であることも要求されます。

筆をもち、「書」は書きますが、この「書」は「デザイン」であり、タイポグラフ(デザイン文字、デザイン化された文字)なのです。いいかえれば「筆という道具を使ってに文字を“デザイン”する」ことが、「商業書道」なのです。


このように、商業書道はデザインであり、ビジネスであり、文字の巧拙、芸術性を競うものではありません。

しかし、汚ない字、乱暴な文字は決して好ましくありませんし、又私の身上からも最も嫌いな文字です。パワフルで勢いがありインパクトの強い文字と、粗暴で乱暴な文字は自ずと違うのです。


商業書道をレベルに応じてランクづけして考えた時、

(1)

最低限、基本的技術をクリアし、クライアントのニーズに応じてコンセプトを把握して文字が書きこなせる事。

(2)

グラフィカルで味わい深く、デフォルメしつつも優れた文字がかける事。

(3)

さらに、その文字の中に自らの個性を盛り込む事ができ、インパクトの強い文字がかける事。

(4)

その文字に「綺麗」「華麗」「流麗」という「3つの麗」がつく美を含有する事。

(5)

その文字に「風格」「品格」「格調」という3つの「格」が感じとれる文字がかける事。

(6)

さらに、文字から書き手の哲学、思想、あるいはポリシーが感じとれる文字である事。

(7)

文字を目にした人に無条件に感動を与えられ、言葉を無くさせるほどの文字である事。


以上の様に「商業書道」といえどもこれらの段階をクリアして、よりハイレベルな文字へ挑戦していかねばならないでしょう。

これは私の考えで、異論もあろうかと思いますが、書の世界に限らず、あらゆる芸術、例えばフルート奏者やピアニスト、歌手という音楽分野でも、日本画、洋画、工芸、彫刻というアートジャンルでも全く同じとは申しませんが、同様の事がいえるのではないでしょうか。

私の場合、上記の(6)(7)をテーマに尚深く探求していく事を自らに課題として課しています。

このレベルになりますと、既にテクニックで表現するという域を超え、いわば精神世界の領域で、自己の内なる心との闘いの時空で、すでに「商業」ではなく「書道」そのものといえるのです。(上坂祥元)

 

 



Copyright (C) 2005-2008 上坂祥元デザイン事務所 All Rights Reserved.
当サイト内の記事・写真・図表の無断転載を禁じます。